RGoogleAnalyticsを使う

RGoogleAnalytics とは

R から GoogleAnalytics の API を利用して GoogleAnalytics のデータを取得するパッケージ。
開発者の github はこちら

インストール

先にンストールしておいた方がいいパッケージ

  • RCurl
  • rjson

これらをインストールします。

RGoogleAnalyticsのインストール

CRAN にアップされているのでいつものように次のコマンドで現在のバージョンがインストールできます。

使ってみる

次のコマンドを実行。

こうすると必要なライブラリ RCurl、rjson がロードされます。
次に必要なのがアカウントの認証とアクセストークンの発行。

しかしうまくいかない。エラーが発生する。

RGoogleAnalytics について解説しているサイトは同様の手順でやってもみんなうまくいっている。私のようなエラーは発生していない。いろいろ調べても解決できない。困った。

解決した

どうやって?
すごく初歩的なミスで、OAuth2.0 認証を事前にしていなかったから。
OAuth2.0 認証の手順を載せておく。

Google Analytics API に登録する

まずは Google Developers Console にアクセス。
次にプロジェクトを作成する。
Google_Developers_Console_0

プロジェクト名を入力。
プロジェクトIDは自動で入力される。きにせずそのままで。
Google_Developers_Console_00

AnalyticsAPI を ON にする。
Google_Developers_Console000

クライアントIDとクライアントシークレットを取得

左メニューの「APIと認証」->「認証情報」から新しいクライアントIDを作成を実施
Google_Developers_Console

アプリケーションの種類で「インストールされているアプリケーション」を、インストールされているアプリケーションの種類で「その他」を選択してクライアントIDを作成を実施
Google_Developers_Console_2

クライアントIDとクライアントシークレットが作成されるのでこちらを控えておく
Google_Developers_Console_3

これで準備が整った。次に認証を行う。

OAuth2.0 の認証を行う

その前にまずはこちら。

すると

その後

ここでこんな質問が表示されます。

ローカルファイルに保存しておいたほうが便利なので、1を入力。

この後どういう流れだったかちょっと失念。
oauth_tokenをファイル名”oauth_token”で保存したはず。
それからoauth_tokenを呼び出したはず。

とりあえず保存したファイル名だけ覚えておけば大丈夫。

これで認証も完了して myid にGAの全てのプロファイルの読み込みが完了。

クエリーを定義

どんなクエリーを要求するかを一旦定義します。

table.idはGAの管理画面で言うとビュー設定のページに表示されているビューIDになります。

クエリーオブジェクトを作成

クエリーを投げる

結果が出たので中身を確認してみます。

ちゃんとデータが取れてました。
よかったー。

RGoogleAnalytics を使ううえで参考にしたサイト

主に以下のサイトを参考にさせていただきました。感謝。
Package ‘RGoogleAnalytics’
RGoogleAnalyticsパッケージの使い方について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする